10月22.23日【次走注目馬】&【海外競馬が解禁になって来週で1カ月を迎える。】

とにかく【的中率重視】
あまりにも不的中が続く不安になりたくない方にオススメ
http://www.5il.org/?code=4202

 

カズヤングです☆

本日も金馬新聞お読み頂き、誠にありがとうございます。

 

中央競馬1週間・10月22.23日
海外競馬が解禁になって来週で1カ月を迎える。

先ず、コケラ落としなった凱旋門賞では40億円の売り上げがあり成功をおさめたと言っていいだろう。

今後も順次発売されていく予定。凱旋門賞は日本からマカヒキが参戦。

現地では2番人気8倍だったが、国内では1番人気・3倍を少し切るオッズとなり、現地と国内では馬券の売れ方が大きく分かれた。

日本馬の長年の夢である凱旋門賞を制覇して欲しいと言う国内の贔屓目があったのは明らか。

ここでしたたかに、凱旋門賞の壁は厚いと、判断し情に流されなかった人達が的中馬券をものにした。

どうしても贔屓目が入ってしまうのは仕方がない。

しかし、情で馬券が取れる程、競馬は甘くはない。結果凱旋門賞でマカヒキは14着惨敗を喫した。

「マカヒキ」の画像検索結果

関係者を含めショックはかなり大きい結果となった。国内復帰戦での結果が非常に気になる、余りにも不甲斐ない敗戦だった。

海外G1は非常に調整も難しく、相手も大幅に強化される。ここの部分をしっかりと把握しておかないと、馬券を買っても痛い目に遭う。

今回の凱旋門賞で皆さんも痛感した事だろう。

次はメルボルンCで海外馬券が発売される。長距離の一戦だけに猶更的中させるのは難解になりそうだ。

 

【次走注目馬】

東京土曜11R 富士S
【次走注目馬】ガリバルディ
前半600mが36秒3。半マイル48秒1で、1000m通過が59秒8と、とてもマイルの重賞とは思えないほどのスローペース。

直線を意識しすぎるあまり、このような形になることは多々あるが、それにしても凡戦の中の凡戦。

はっきり言ってこの中から、次の大一番マイルCSで期待が持てそうな馬は少ないが、今回は完全に勝負を捨てていたガリバルディはまだ狙えそうだ。

直線に入っても唯一頭、馬の後ろに入れて持ったっきり。上がり33秒4(メンバー最速)で伸びての5着は勝負度外視で次のGIに向けて脚を測った一戦。

今回、馬券を紙屑にされた方も多いだろうが、次も勝負してほしい。

「ガリバルディ 競馬」の画像検索結果

 

京都日曜11R 菊花賞
【次走注目馬】カフジプリンス
神戸新聞杯では脚を余しての4着。ハーツクライ産駒で距離延長大歓迎、菊花賞での巻き返しが大いに期待されたが、直線で追い出しを待たされたことも含めて、まだまだ力不足だったということ。

それでも改めてわかったことが、どの距離でも勝負所での反応が鈍いということ。

この手のタイプはゴチャつく内枠よりも、距離ロス承知でも外々をスムーズに回してあげた方が持ち味が生きるタイプ。

北海道の内容から小回りが苦手という意識もなく、阪神、中山どこに出てきたとしても、とにかく「外枠」に入れば狙い。

内枠なら消しで良さそうだ。

「カフジプリンス 競馬」の画像検索結果

 

以上です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

とにかく【的中率重視】
あまりにも不的中が続く不安になりたくない方にオススメ
http://www.5il.org/?code=4202

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ