中央競馬1週間【次走注目馬】&【新馬戦の明暗。】

ユーザーコミュニティ「みんなの会議室」を無料公開
少しでも透明性を感じてもらいたい
専属スタッフによるサポートを強化
60万を超える本物の的中実績
http://www.raceweb.jp/?code=4202

 

カズヤングです☆

本日も金馬新聞お読み頂き、誠にありがとうございます。

中央競馬1週間です。

新馬戦の明暗

新馬戦が始まって早2か月が経ちますが、いよいよ評判馬も出走し、きっちり勝ち上がる馬もいれば、初戦は凡走する馬もいて、明暗がクッキリ分かれています。

新馬戦だけは大勝負が出来ないレースです。将来のG1馬と未勝利で引退する馬が一緒に走るレースです。

非常に不確定要素が高いレースと言えます。不確定要素が多すぎるので、大勝負は新馬戦では出来ません。

新馬戦の人気は血統と、調教内容によって評価をされるので、人気の優劣の決まり方も非常に怪しいです。

1.5倍の断然人気の馬ですら信用出来ません。たとえ勝っても勝ったか程度に考えておけばいいです。

人気馬同士は買わない方が賢明です。買うなら人気馬から人気薄。

王道の馬券の買い方ですね。新馬戦では人気馬同士で決着する事もありますが、リスクが大きいです。

馬券はさておき、これから続々と来春のクラシック候補が登場してきます。

これからが真打の登場ですね。大物はだいたい9月~11月デビューが多いですね。

特に注目は菊花賞当日に行われる伝説の新馬戦。ここも注目です。

新馬戦は様々な観点から観るレースとしては非常に面白いです。

 

【次走注目馬】

小倉11R 阿蘇S
【次走注目馬】コパノチャーリー
トミケンユークアイがハナを切って、2番手追走。思いの外、ペースが落ち着いたことも勝因の一つだが、リズムよく走れればハナを切らなくても大丈夫ということも再認識。

距離を短縮したりと紆余曲折を繰り返したものの、やはりベストは中距離路線。

一度不振に陥っても再度盛り返すあたりは、兄コパノリッキーと同じで、改めて母系の優秀さが浮き彫りになった形。

まだ5歳とこれからが充実期、位置取りに注文がつかなくなったことを踏まえれば、前途は明るい。

 

札幌11R エルムS
【次走注目馬】テイエムジンソク
今夏最大の上り馬で、単勝オッズは1.5倍。

焦点は「いかにして勝つか」だったが、重賞の壁は意外にも高かった。レースでは、すんなりと2番手を追走。

ペースも平均で推移し、4角を回る時には後続の確認もできるほどの手応え。

しかし追ってからが案外で、ロンドンタウンに並ぶ間もなく差し切られてしまった。

それでも時計は1分41秒0。

持ち時計1分42秒8を大幅に短縮できたことを思えば、次に繋がる競馬は出来たといえ、もうワンステップアップの成長があれば、重賞制覇は時間の問題。

 

以上です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

ユーザーコミュニティ「みんなの会議室」を無料公開
少しでも透明性を感じてもらいたい
専属スタッフによるサポートを強化
60万を超える本物の的中実績
http://www.raceweb.jp/?code=4202

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ