中央競馬1週間【今週のジャパンCを終えると12月のG1・5連戦で今年も終了となります】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX】

サインが出る⇒その場で利益確定と損切りを入れるだけの簡単ルール

あなたのFXに使う時間は1日あたり1分。

最高の時間効率で自由な時間自由なお金をあなたに

時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX
http://toreten.main.jp/
720サイズ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 

カズヤングです☆

本日も金馬新聞お読み頂き、誠にありがとうございます。

中央競馬1週間です。

早いもので、今週のジャパンCを終えると12月のG1・5連戦で今年も終了となります。

昨年までは12月は4連戦でしたが、今年は12月28日に今年最後の開催が控えており、今までとは少し違う年末になります。

これもまた時代の流れと言うものでしょうか?先ずは今週のジャパンCですね。

国内最高賞金1着馬3億円のビックマッチ。

2着でもG1相当の1億2000万円の賞金が出ます。

有馬記念も1着賞金が3億円ですが、先に1着賞金を3億円にしたのはジャパンCです。

ジャパンCと有馬記念を連勝すればそれだけで⑥億円です。

有力陣営は力が入る訳です。

調教師は賞金の10%ですから、ジャパンCに管理馬が勝てば、3000万円の収入になります。

非常に大きいですよね。僅か1レースでこれだけの大金が動きます。

ジョッキーは5%ですから、1500万円の収入となります。

ジャパンCのハナ差の決着は非常に熱いものがあります。2着でもG1相当の賞金がでますが、やはり1着3億円は魅力的です。

ジャパンCになかなか、暮れの香港のレースがある為、1流馬が最近は来日しません。

賞金はジャパンCが高いのですが、BCから、香港と言う流れが出来てしまっている為、1流馬は最近は来ません。

ここがJRAの最大の課題ですね。

 

以上です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX】

サインが出る⇒その場で利益確定と損切りを入れるだけの簡単ルール

あなたのFXに使う時間は1日あたり1分。

最高の時間効率で自由な時間自由なお金をあなたに

時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX
http://toreten.main.jp/
720サイズ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ